スマホのいじりすぎで眼精疲労の方にオススメのiPhoneの新機能ナイトシフトが凄い!

ナイトシフト使い方

先日新たに公開されたiOS9.3。

このアップデートにより様々な機能とバグの修正が行われましたが、今回の目玉はなんと言ってもナイトシフト!

普段からスマホでゲームやネットサーフィンを行う人にとっては眼精疲労は切っても切れない存在ですが、この機能があれば悩んでいる目の痛みを軽減してくれるかもしれません。

必ずiPhoneのOSを9.3にバージョンアップして下さい。9.2など古いバージョンですとナイトシフトの機能がOS自体に追加されておらず設定項目がない為、使うことが出来ません。

ナイトシフトとは何ですか?

ナイトシフトはiPhoneに標準搭載された新機能で画面の輝度を抑える機能です。
よくパソコンのモニターなどには設定により輝度と明度を変更する事が出来、iPhoneでも明るさを調整する事は今までにもできました。
ですが、輝度だけは変更する事が出来ず夜間などにスマホを使うと目がチカチカして痛くなる経験ありせんか?

そんな時はナイトシフトがオススメ!

ナイトシフトのメリット

ナイトシフトを使う事により輝度が抑えられ画面がオレンジがかった様になります。
この効果によりブルーライトを和らげ目への刺激やダメージを軽減してくれます。

JINSなどで良く見かけるPCメガネを思い浮かべてください。
通常だとクリアレンズですが、ブルーライトを大幅にカットするレンズは茶色でサングラスみたいな色になっているはずです。

そのPCメガネの茶色レンズと同じ様な効果がiPhoneの設定から行えるのはとても素晴らしい機能です。

その他にも時間指定などの項目もあり夜間帯だけナイトシフト、日中は通常の画面にすることも可能。

ナイトシフトの使い方

ナイトシフトの使い方についてはこちらのサイトの記事が丁寧に説明していますので、一部引用させて頂きます。

「Night Shift(ナイトシフト)」で画面をどの程度暖色系の色にするか、何時から「Night Shift(ナイトシフト)」をオンにするかといった設定をすることができます。

「設定」アプリから、「画面表示と明るさ」を選択します。

ナイトシフト使い方

iOS 9.3にアップデートしていれば「Night Shift」という項目が追加されているので、こちらを選択して下さい。

ナイトシフト使い方

「Night Shift(ナイトシフト)」の設定画面が表示されます。画面中央にあるのが色温度を設定するステータスバーです。右に寄せればより暖色になりますが、不自然に黄色い表示になるので、この辺りは自分の好みで設定しましょう。

ナイトシフト使い方

 

興味のある方はリンク先よりご確認下さい。

ナイトシフトの使い方

ナイトシフトの効果

暗い部屋や夜間帯だけナイトシフトを使って数日が経ちましたが寝つきが良くなったように感じます。
Appleの公式でも眠りの質が良くなると記載があるのでまさにその通りだと思ってます。
眼精疲労も心なしか楽になったような…

次の日の朝に目の痛みを持ち越す事が少なくなったと思います。

ただナイトシフト使用中にバッテリーの停電力モードを使用するとナイトシフトが自動でオフになるため、消費電力が激しいのかなと…

バッテリーの消費を抜かせばかなり便利な機能だと思います。

なぜ今まで出さなかったのか疑問に思うくらい便利な機能なのでOSを9.3に、あげてない方は是非是非アップデートして欲しいです!

最後に

いくらナイトシフトがあるからといって必ずしも眼精疲労が治ったりするわけではありません。

あくまで補助的な機能と思って下さい。

一番良いのはスマホを使いすぎないことです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です