お正月太り解消法・・・ 申年

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、リラクゼーションサロン ルナをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。本年も引き続き宜しくお願いいたします。

2016年 申年

image

申年の「申」とは・・・?

 

☆ 申は十二支の9番目に数えられます。

十二支は、紀元前1400年ころ中国で作られているのが元になっています。日本には、550年ころ伝わり、江戸時代に庶民の間で広く知られるようになりました。

 

☆ 申の月は旧暦7月

 

☆ 申の刻は、午後4時から約2時間

 

☆ 五行は金気

 

・・・五行説とは?・・・

五行説は、古代中国の自然哲学思想です。万物は、木・火・土・金・水の5種類の元祖からなるという説です。自然現象の四季の変化を観察して自然現象、医療、政治、占いなど様々な分野の背景となる性質や相互関係などを説明する概念です。

 

木・・・気の葉や花が幹の上に覆っている立木が元になっています。樹木の成長、発育の様子を表しています。「春」の象徴です。

 

火・・・光り輝く炎が元になっています。日のような灼熱の様子を表します。「夏」の象徴です。

 

土・・・植物の芽が地中から発芽する様子が元となっています。万物の育成、保護する性質を表します。「季節の変わり目」の象徴です。

 

金・・・金属、鉱物が元になっています。金属のように冷徹、確実、頑固な性質を表します。また収穫の季節「秋」の象徴です。

 

水・・・泉から湧き出て流れる水が元になっていて、これを命の泉と考え、胎内の霊性を兼ね備える性質を表します。「冬」の象徴です。

 

四季の変化は、五行の推移によって起こると考えられていました。(wikipedia参照)

image

これら5つの要素が、循環することにより万物が生成され自然界が構成されていると考えられていました。五行の相互間で相性なども見ていました。

 

「相性」「相剋」「比和」とは?・・・

 

「相性」・・・相性がいい。

木が火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生じるというのが「相性(そうじょう)」です。永遠の循環で、「相性がいいということです。」

 

「相剋」・・・相性が悪い。

木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つというのが「相剋(そうこく)」

・木は、土から養分を吸って成長する。

・土は水を吸い取ってしまう。

・水は火を消してしまう。

・火は金属を溶かしてしまう。

・金属は木を切ってしまう。

 

「比和(ひわ)」

木と木、火と火、土と土、金と金、水と水は相乗効果でますます盛んになる。

 

五行の五つの要素は、季節や方角、色、臓器などいろいろなものに当てはめられています。

今年は、「金」の年になります。

季節は秋、方角は酉、色彩は白、時刻は夕、臓器は肺、五官は鼻、月は7、8、9月になります。

(暦ことば辞典より)

 

 

☆ 陰陽は陽です。

image

古代中国では、自然界のあるゆるものを陰(いん)と陽(よう)にわけました。太陽は陽、月は陰、表は陽、裏は陰  このような思想を陰陽思想といいます。また先程の五行と結びついて陰陽五行説ができます。

陰と陽の二気が調和して初めて自然の秩序が保たれます。

 

陰陽五行説は、なかなか深く難しい思想ですね・・・

 

申年…2016年の申年は、丙(ひのえ)申(さる)です。

image

 

申年は申(さる)  が「去る」を意味し、「悪い事が去る」「病気が去る」いい事や幸せがやってくる年 とも言われます。

「申年に赤い下着を贈ると病気が治る」「申年に贈られた下着を着ると元気になる」など昔からの言い伝えがあります。

是非、大切な人に赤い下着を送ってみてください。

赤は身体を温めてくれる色とも言われていますので、下着でつけると身体を芯から温めてくれます。

 

ここで少し堅い話から柔らかい話題に。

・・・申年生まれの性格はどんな性格か?・・・

人付き合いがよく、明るく、場を盛り上げることが得意です。また、頭の回転が速く、考えがまとまれば、即行動そして世間をあっと言わせる天才肌です。ただ、ダメだとわかると切り替えが早く、「飽きっぽい」「冷たい」と取られてしまうこともあります。油断ならない人と思われがちですが、楽しいことが大好きで積極的に動く人です。周囲にいたら自分も周りも明るくしてくれます。ですので、申年の人と行動を共にすると明るく賑やかな2016年になりますね。

 

そんな申年、皆様はどのようなお正月を過ごされましたか?

仕事疲れを取る為、ゆっくりと過ごされた方も多いのではないでしょうか・・・

田舎に帰って、ゆっくりとテレビを見て、ご馳走を食べて、親戚が集まり、お酒を飲ん、お節料理を食べて 家の中でゴロゴロ

殆ど動かずに食べてばかりではなかったですか?

image

 

お正月が終わってから、色々な人達が発する言葉は 「太った!」食っちゃ寝生活が体重を増やす結果になってしまった!正月休みが終わったらダイエット開始!!

 

♡ 食べ過ぎて太ってしまった身体を引き締めるための方法は・・・

 

1、大きく広がってしまった胃を元の大きさに戻します。食事管理

 

 

忘年会からお正月まで、飲んで食べて運動せずの生活をしていたら当然、普段より胃は大きく広がっています。普段より口寂しい状態に陥っていると思います。ここは誘惑に負けずに我慢、食事量の制限をします。

 

3食しっかり食べるのではなく1食ぬいてみたり、炭水化物(ご飯、麺類)などの量を減らしてみる。また甘いものは、なるべく食べないよう努力します。誘惑に負けると更に脂肪がついてしまいます。

 

根菜類、海藻、きのこなど繊維の多いものや、ビタミン・ミネラルが豊富なお野菜をしっかり食べて身体の調子を整えていきます。お水もしっかりのみ悪いものを尿として流していきます。

image

 

2、正月太り解消に運動やストレッチ

 

お正月は、寒くて外にも出たくない・・・こたつに入ってしまったら最後 心地よさから下界どころではなく、こたつから抜け出すことさえ嫌になってしまうという始末・・・

世の中全体が、なんだかまったりとしていて動きがない・・・自分もついつい その流れに乗り部屋で、まったりと過ごしてしまう。いつもより色々美味しいものが揃っている状態です。当然誘惑に負けます。

正月太り解消として運動をする、特にウォーキングをして余計な脂肪を落とす。

冬は、空気が澄んでいますので意外とウォーキングは気持ちよく楽しく歩くことができます。1日20分歩くだけでも大分ちがってきます。

1ウォーキング

 

また、ストレッチで固まってしまっている筋肉をほぐしたり、食べ過ぎが原因で出てしまったお腹を腹筋運動で鍛える、スクワットでは、たるんでしまったお尻を引き締めます。

image

全身が映る鏡の前に立ちショック療法

その姿を見たら、ストレッチがきつくても頑張れます!!

 

3、半身浴

 

38度~40度のぬるいお湯につかります。入浴時間は、20分以上、お風呂につかりながら水分補給は忘れずにしてください。汗がじわっと出てきて、余分なものを外に流してくれます。

 

 

4、アロマオイルボディマッサージ

 

食べてばかり動いていないと、身体中代謝が悪くなり身体がむくんできます。知らないうちに足もパンパン同じ姿勢で動かず飲んで食べてばかりの為、血流も悪くなり太っていきます。

リンパドレナージュマッサージは、リンパの流れ、血流を良くして、身体全体をすっきりさせます。しっかりマッサージすることによりむくみがとれて脚は、すっきり細くなります。ヒップアップマッサージすることにより垂れていたお尻もしっかりともし上がります。

_MG_4202

プロの力をかりて、全身むくんだ身体をスッキリしてみてはいかがですか。

ルナでは、リンパドレナージュのアロマオイルボディマッサージ

60分(¥7000)

90分(¥10000)

120分(¥13000)のコースがございます。

しっかり流すのであれば90分以上がおススメです。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です