体温を上げると・・・免疫力UP 

毎日寒い日が続きますねこんな日は、手も足も冷えてしまいます。

血流が悪くなり、肩がこりだしてきたり、頭痛がおこったりもします。

そうならないように 寒いなと思ったら靴下をはいたり、一枚多く着込んでみたり、

時にはホカロンを貼って、身体の芯を温めるといいです。

 

身体を温めると血流が良くなります・・・・

血流が良くなると どうなるか・・・・

身体を温めることにより血管拡張作用で、血行が促進され、

筋肉や内臓への酸素供給や栄養補給が増します。

また腎臓からの老廃物の排泄作用が促されます。

その結果、疲労回復、免疫力がUPし、病気予防につながります。

 

温かい飲み物や 身体を温めてくれるお野菜(かぼちゃ、にんじん、れんこん、ネギ、小松菜、さつまいも、)を

食べたり、日頃からストレッチやウォーキングをしたり、

半身浴でじっくり身体を温めるのも芯から温めてくれます。

シャケ

では、身体が冷えると・・・・

細胞や臓器の代謝が悪くなります。

酸素や栄養が身体の隅々までスムーズに行き渡りにくくなり

体内の老廃物が溜まりやすくなり、免疫力も落ちます。

その為に肩こりが頭痛が起こったり、身体の調子が悪くなったりします。

 

今、体温が35℃代の人がとても多いですが、

理想的な体温は、36.5~37℃と言われています。

体温が1℃下がると、免疫力は30%低くなります。

常に自分の体温を知り、低体温にならないよう血流をよくしておくことが免疫力向上につながります。

 

 

ルナでは、血流をよくするリンパドレナージュ アロマオイルマッサージのコースが

ございます。

冷えの気になる方、是非 ご相談ください。

DSCF8577

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です