【ネタバレあり】ウォーキングデッド シーズン6 第8話の感想 ゾンビベスト再び

アメリカで毎週月曜日に放送されている「ウォーキングデッド」

昨日ウォーキングデッド シーズン6の第8話が放送されたので、その感想です!

前回は塔が倒れ外壁が崩壊するシーンで終わりましたが、今回はその崩れた外壁部分から大量のゾンビが雪崩れ込んでくるシーンから始まります。

ウォーキングデッドシーズン6の8話動画

壁が崩壊した衝撃でリックは倒れこみますが、すぐに起き上がり家へ逃げ込むよう指示を出します。

ウォーキングデッドシーズン6の8話動画

なんとか家へ逃げ込むことに成功しますが、その間にディアナが負傷。その時はただの傷だと思っていましたが、逃げ込んだ家のベッドで傷口を確認したらゾンビに噛まれていたことが発覚。

ただ争い(ゾンビとの戦闘)を避けてきたあのディアナが銃を手に取り戦っていた事に驚きました。
壁を建てて住民を守るという理由が、実は嫌な事(戦い)から目を背けている事だと気付き、リックこそリーダーに相応しいと話していた直後にこの結末は悲しいですね。

その頃、マギーは見張り台の上に逃げ込みます。
なんとかゾンビから逃れることに成功するも、ハシゴは倒れ銃の弾も切れ八方ふさがりに。

ウォーキングデッドシーズン6の8話動画

そのマギーを壁の外から発見したグレンは助けに行こうとしますが、イーニッドが怖気つきます(笑)

ウォーキングデッドシーズン6の8話動画

その頃街の中はゾンビで溢れています…

ウォーキングデッドシーズン6の8話動画

リック達が逃げ込んだ家もゾンビに囲まれ逃げ場を失います。
そんな中、ロンがカールを襲い家の窓を割ってしまい、その音に気付いたゾンビが家へ雪崩れ込んで来ます。

なんとか扉をソファで押さえ、リックはカールに何があったのか問いただしますがカールは真実を伝えません。

そして、ロンを別室へ連れ込み銃を突きつけて、こう言い放ちます

「お前のオヤジがうちのオヤジに殺されたのは、お前のオヤジがクソ野郎だったからだ!!!」

あの可愛かった頃のカールの面影はありません

大人になったとはこうゆう事なんでしょうか?笑

 

※追記予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です