町田市発地域ブランド「まちだシルクメロン」について

昨年度に、「夢の扉」で紹介されたこともあって、知名度があがってきた「まちだシルクメロン」

東京都の町田市でシルクメロンと言われると「?」の方も多いと思いますが、「まちだシルクメロン」にはとても沢山のドラマがあり、ひとつのプロジェクトとして生み出された地域ブランドです。

まちだシルクメロンとは

まちだシルクメロンは、精密機械や医療機器メーカーなどの農業と関係ない他業種が協力して、それぞれの技術を農業の分野に応用してきました。一番の特徴は、町田式の水耕栽培。水槽の中に根管理する新しい栽培法を取り入れました。これにより年間を通じて五毛作での栽培が可能になりました。従来の農法では実現できなかった糖度14度以上の高品質メロンを一株か通常ならば、1~4個ほどしか収穫になりますが、最大60個ほど収穫できるようになりました。

まちだシルクメロン農園は、林社長が商工会議所の工業部会長だった2009年当時、不況下の中「何かをやらないと」と一念発起し始まりました。

町田市シルクメロン林社長が経営する大浩研熱(株)は、エアーノズルを制作していました。空気を均一で自在に噴射できる技術を使って「水耕栽培と同じ理論で設計できるのでは」とメロン水耕栽培計画が発動しました。

根を生やさせる水槽内の水流を停滞させることなく、「ゆらぎ」をもたらす水流技術が一番の差別化に繋がっています。また低コストを実現しました。高額の「追肥装置」を同社が所属する「まちだテクノパーク」内の他企業に依頼。ほどに高性能血圧計を作る技術を用いてコストを従来の5分の1ほどに抑えました。また人手を抑えるために、現場カメラで遠隔監視をしています。これもテクノパーク内のソフト会社との連携で実現させました。  (タウンニュースより)

町田市シルクメロン

まちだシルクメロンは、新たな地ブランド創出のため「無農薬、低コストで高品質なメロンをつくる。」を合言葉にスタートさせたものです。ブランドを確立して地域経済の活性化をさせようと、メロン専門の果実栽培経験者が一人もいない中精密機械や医療機器メーカーなどの参加企業がそれぞれの持つ技術を集結して全く新しいタイプの栽培システムを開発しました。

国内産業の空洞化が叫ばれる今、「まちだシルクメロン」プロジェクトは、メロンの栽培を通じて、町田の地域産業と雇用の創出を目指しています。生産者の肉体的負担が少ない、「まちだ式農法」を広げ、地域の若者や女性、障害を持つ人たちなど、誰もが働きやすい場所を造りたい。「まちだシルクメロン」には、そんな地域活性への願いも込められています。

町田市シルクメロン

 

「シルクメロン」の名前由来

「まちだシルクメロン」は、かつて町田の地が八王子から横浜港に絹を運ぶシルクロードの中継地でもあった名前にちなんで作られました。

この贅沢なメロンは、実際に食した際の舌触りも上質なシルク製品を思わせるみずみずしさに満ちております。クオリティの高さは名前をもって体現できます。

町田市シルクメロン

 

「まちだシルクメロンキャンディー」

町田の特産品「まちだシルクメロン」を贅沢に使と用したキャンディー。製造過程で余計なものを加えずに、メロン本来の上品な甘みと香を閉じ込めた町田が育んだ良質のメロン風味のキャンディーです。

原材料  砂糖、水飴、メロン(まちだシルクメロン)、酸味料(クエン酸)、植物油脂、香料

12粒入り 税込み¥300

販売元 合同会社プラナス  東京都町田市小山町4319-2   042-812-0276

町田市シルクメロン

 

町田の「プラナス」とは・・・?

 

プラナスは、障がい者およびその家族を対象とする福祉サービスの提供をしている特定非営利活動法人です。

5お菓子フェスタ

プラナスデイサービスセンター

放課後等デイサービスを行っています。学校通学中の障がいを持つお子さんに対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって障がい児の自立を促進するとともに、放課後の居場所づくりを推進しています。

プラナスでは、イベントを開催したり、また町田市や町田商工会議所などのイベントに参加し、まちだシルクメロンキャンディー他に、日本一のしょうゆキャンディー、(最近は目にいいブルーべりを使ったキャンディーも試作中です。)竹炭を使った東京黒カステラなども販売しております。売り上げは、障がいをもった子供たちの活動に使われています。

image

日本一しょうゆキャンディー・・・この飴には、町田にある天明七年創業の老舗 岡直三郎商店の「日本一 国産丸大豆しょうゆ」を使用しています。こだわった素材、伝承された技。そこから生まれた醤油をふんだんに使用したキャンディーです。

原材料・・・砂糖、水飴、しょうゆ(日本一国産丸大豆しょうゆ)  ¥300 (円筒ケース 12粒)

東京黒カステラ・・・町田市の歴史ある和菓子屋と糀屋によるコラボレーションで、出来上がったカステラです。竹炭パウダーにより黒く焼き上げられています。塩麹が入り、ほどよく塩味がきいたカステラです。

原材料・・・卵、砂糖、小麦粉、蜂蜜、水飴、塩、麹、竹炭パウダー   ¥410 (一袋2切入り)

 

メディア掲載情報

2014年4月17日 自民党青年部 ”カフェスタ”で「まちだシルクメロンキャンディー」が紹介されました。

2014年7月15日 テレビ東京「スーパーJチャンネル」で「町田シルクメロンキャンディー」が紹介されました。

2015年11月15日 TBS「夢の扉+」で、まちだシルクメロンとプラナスそして、プラナスの子供たちが描いたメロンの絵も紹介されました。

image

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です